賃貸の条件

賃貸物件をこれから借りたいと思っている人はまずは自分の賃貸物件に対する希望を考えていくとスムーズに不動産会社に賃貸物件を紹介してもらうことが出来ると思います。人それぞれ賃貸物件に関する条件や希望というのは違っていると思いますがたとえば駅に近い場所がいいと思っている人、駅に近くなくてもいいから部屋が広い方がいいと思っている人、日当たりがいい部屋を希望する人、綺麗な建物を希望する人など色々ではないでしょうか。しかしながらそんな希望を並べていると自然と賃貸物件の家賃は高くなっていく一方です。家賃はできれば安い方がいいと思っている人も中にはいるのではないでしょうか。賃貸物件の希望はほかにも、場所やエリアなどもありますね。場所やエリアというのは自分の通勤通学に近い範囲や住んでみたいエリアなど色々とあると思いますからそれも希望として頭に入れておくといいですね。広さや間取りについては、だいたいの希望を頭にイメージしておくのがいいと思いますが、ここは希望の優先順位からすると低めかもしれませんね。賃貸の希望条件はほかにも、駐車場が必要なのか、築年数はどれくらいがいいのか、ユニットバスなのかそれともトイレと風呂場は別々がいいのかなどの細かい話も出てくると思います。ひとによって設備などにも希望条件をつけている人もいるかもしれませんね。収益物件 名古屋

 

賃貸を漠然と借りると言っても、条件が決まっていなければなかなか前に進まないと思いますから漠然とどんな部屋がいいということを考えるのではなくて、細かい部分まで自分の希望をとりあえず書き出すことがいいと思います。そのメモを持って不動産会社へ行けば、その希望にできる限り添えるような物件を不動産会社がさがしてくれるのではないでしょうか。必ず希望を通してほしい部分と、ある程度は譲ってもいいと思っている部分が条件の中には出てくると思いますから、その優先順位を書いておくと不動産屋も優先順位に合わせて探すことが出来るのでいいかもしれませんね。賃貸物件の条件は、ひとによって本当に様々だと思いますが、不動産会社に上手に自分の希望を伝えて、うまく紹介してもらうためには細かい部分まで条件を指定しておくことや希望の物件をイメージしておくということがとても大切なことになります。自分の希望のままに通った賃貸物件に住みたいと思っている人はこの部分は時間をかけて検討していくことが大切になってくるのではないでしょうか。

賃貸物件を借りる際にはまずは予算を立てなければいけません。賃貸は借りるということになるので予算を立てて買い物をするときのように細かい点まで詳細を詰めていく必要はないと思っている人も中にはいるかもしれませんが、やはり賃貸といっても、家賃以外には支払う項目が色々とありますから、あらかじめそれらの費用も含めたうえで賃貸物件の予算というのを考えておく必要があります。まず毎月支払うことになる賃貸の家賃ですが、こちらは自分が支払えると思っていても、実際には支払うことが出来ない額になるかもしれません。この目安というのは、一般的に、賃貸物件の家賃はその入居する人の月収の3割以内の額に抑えることになっています。3割以内の額というのは、意外に少ないと思っている人もいるかもしれませんが、月収の3割で押さえるのが一番いいといわれているのです。しかしながら月収が多いという人がいればそれは賃貸の予算をもっとアップさせてもいいと思いますが、できれば3割いかに抑えるのがベストな予算であるといわれているのです。それだけでなく賃貸で借りる際には初期費用が色々と必要ですね。だいたい家賃にかかる半年分は用意しておくことが望ましいといわれています。この内訳としては敷金が家賃の2か月分で仲介手数料が1ヵ月分、そして前家賃が1ヵ月分というのが内訳になっているので賃貸で予算を組む際に、予算に合うような物件を探さないといけないことになるわけですね。最近は敷金が0円のところもありますから予算が少ないという人は敷金なしの場所を探してみるといいかもしれません。

 

これだけで賃貸の予算が消えてしまってはいけません。引っ越しをするためにもお金は必要ですし、挨拶をしたりする際にもお金が必要です。また不動産会社に仲介してもらって探してもらったという人の場合には、不動産会社に支払う仲介手数料も必要になってきます。ですから、賃貸で物件を借りるということはこれだけのお金が必要なので、その予算をあらかじめ立ててから物件探しを始めるのがいいと思います。毎月の家賃だけではないので、予算はできるだけ多めのとっておいて、そのうえでできるだけ予算内に収まるような場所を探していった方が安心ではないでしょうか。予算を立てずに賃貸物件を探すと結局あとから考えてみると予算オーバーしていて痛い目に合うというケースもありますから十分に気をつけた方がいいかもしれませんね。

賃貸の問い合わせとメールですが、賃貸物件をインターネットで見ていていいなと思った場所があった場合には、賃貸物件についていろいろと質問したくなるという人も中にはいるのではないでしょうか。賃貸物件の問い合わせの際にはどのようなことを問い合わせるのでしょうか?色々と問い合わせる内容はあると思いますが、物件を問い合わせる書き方によっては、不動産会社がどういった対応に出るのかということが違ってきます。たとえば賃貸物件についての問い合わせのメールを送ったのにもかかわらず、全くメールが返ってこないということもあると思います。私も以前不動産屋に賃貸物件の問い合わせの件でメールをしてみたのですが、全くと言っていいほどメールの返事がきませんでした。不動産会社というのは、店頭のお客さんが第一優先に考えていて、その次に電話をかけてきた人を優先させます。そしてメールを送ってきた人というのは、それほど優先順位を上に考えていないケースが多いのです。ですからメールで賃貸物件について問い合わせをしたところで返事がないということもよくありますし、不動産会社によってはメールを使いこなせていない場所もあるのです。

 

不動産会社でインターネットのサイトを持っているところがあったとしても、もしかすると運営はほかの会社に依頼していたりすることもあり、メールなんか全くやっていないというところも多いのです。賃貸物件の問い合わせをメールでして必ず連絡が欲しいと思っているのであれば、できるだけメールには電話番号などの連絡先を書く方がいいかもしれませんね。問い合わせに対して対応するかしないかということは別の問題としても、不動産会社に問い合わせのメールをしておいて連絡先を記載しないのであれば、不動産会社も連絡のしようがありません。メールだけの連絡で済ませたいと思っている人も中にはいるかも知れませんが、不動産会社としてはできれば電話や直接の応対で話を進めていきたいのです。結論から言えば、賃貸物件を問い合わせる際に、できるだけメールでの問い合わせは避けた方がいいということになるかもしれませんね。できるだけ電話、または直接不動産会社に出向いて物件についての確認や質問をするというのが一番です。メールでは文章では伝えにくいこともありますし、メールではなかなかスムーズにやり取りが進みませんからあまりいい印象を受けるという人はいないからです。